声の大きさ

通訳の仕事現場で、

「声が小さいから大きい声でしゃべってもらえませんか」

そこで、声を大きくしようとがんばります。

でも、ある程度まで言ったらヘトヘト。

のどが持たなくなってしまって、もう、この先、無理。

どう頑張っても、ノドひりひりだし。

でも、出さなきゃ。

っと自分を鼓舞して出し続けたら、翌日はノドを傷めてしまって

使い物にならなくなったという話をよく聞きます。

 

精一杯がんばった割りに、声に関してはそれほどの評価もなく

苦しい思いだけが残った。

つらいですね。

 

そもそも、声ってどこまで出せばいいの?!

周りに人がいるから、大きい声は迷惑になるし。

っと思われる方が多いのですが、

「大きい声お願いします→通る声でお願いします」

ということです。

 

小さくても通る声を出せば良いのです。

その声で、通訳をすればバッチリ。

のどもラクです!

ーーーーーー

【通訳者のための滑舌レッスン】は小さくても通る声をつくる「発声の基礎」から相手に伝わる「喋りのスキルを学ぶ応用レッスン」まで実施中です。

「グループ」「マンツーマン」があります。

詳細は各ページをご覧ください。

 

 

What's New

TEL 03-6325-9922

現在、レッスンはオンラインでも実施中です。遠方のかたもお気軽に受講いただけます。ナレーション、アナウンス基礎、オーディンション対策、女性管理職や専門職のためのオンライン講座、通訳者のための滑舌講座など、実施しています。

詳しくはサイトをご覧ください。

講師の山下のりこがユニコーンの新アルバムPVに「山下ユニ子」役で出ています。