やっぱり毎日コツコツ!

言いにくい言葉に出合って、何か別の言葉に置き換えられたときは、自分の機転をほめたくなると思いますが、やはり、絶対に、逃れられない言葉もたくさん!

固有名詞はその代表格。

それを言わずして前に進めない状況に陥ったらどうするか。

 

まずは、予習の段階で目星をつけ、必死に練習するしかありません。

 

が、それ以上に、困るのは、通訳の現場で、普段自分が話している口調より、早く喋らなければいけないシーンになったりしたとき。

大へん!

口が回らなくて冷や汗もの!

 

かと言って、ゆっくりと自分のテンポで喋っていると、臨場感、緊張感がまったく伝わらなくて、場と合わない空気になったり。

通訳者の方にとって、言葉を訳すということと同時に、その現場の空気も同時に伝えられると良いですよね。

 

そのためには、声と滑舌!みがきは必須かと。

 

正確に通訳しているのに、滑舌わるくて、あるいは、喋り方が今ひとつ、その場になじんでいなくて伝わりきれなかったりするのは、実にもったいないです。

 

光る通訳者を目指してがんばって磨いていきましょう。

 

言いづらい言葉と出合って、やみくもに、その言葉を早口で練習するのはおススメできません。

外国語を学んだ時と同じように、コツコツと正確に丁寧に積み重ねていくのです。

成果は、練習すればするほど出ます。

 

-----------------------------------------------------------------

「通訳者のための滑舌レッスン」

お仲間同士でグループを作ってお申込みいただけます。

マンツーマンレッスンも実施中です。

What's New

TEL 03-6325-9922

【映像をつかったレッスン】

※オンラインのみの講座

映像に合わせて、ナレーションをあてていきます。

詳細はHPをご覧ください

【 スタジオレッスン】 

 

●開始時間に遅れての参加も可能です。

 事前に到着時間をお知らせくださいませ。

●塾生以外の方で、スタジオレッスンだけの参加も可能です。 

レッスンの詳細

先着順で受け付け中。

講師の山下のりこがユニコーンの新アルバムPVに「山下ユニ子」役で出ています。