深呼吸よりおススメですよ!

きょうは啓蟄です。

虫が土から這い出す頃、という意味ですね。

沈丁花の甘い香りが漂いはじめ、その木の根のところにはミミズが。

名実共に春が訪れるのも、間もなくです。

 

そして、節目の季節ですね。

コロナで、あまりにも、行事がなくなっているので、なかなかピンと来ませんが、

そんな時期です。

 

こんな時期だけ、人前で話すことが多くなる、という方もいらっしゃるでしょう。

いざ、人前に立つと、緊張して、ノドもカラカラ。

一生懸命、家で練習したのは、どこへやら。

みたいなことになっている方も少なくないのではありませんか。

 

昔、そういう緊張した場面になると、必ず、言われたのが、

「はい、深呼吸して~!」

「そんな時は、手の平にヒトという字を書いて、それを飲み込むのよ」

その時は、効果あるような気がして、震える指で、手のひらに字を書いた方も

いらっしゃると思います。

 

実は、もっとおススメしたいのが、「息吐き」。

吸うのではなく、息を吐くのです。

息を吐くことだけに、集中するのです。

 

この時、聞かれるのが、

「息は吸わなくても大丈夫ですか?」ですが、

はい、吸わなくても、今、喋っていられたら大丈夫です。

自分で、故意に息を止めていない限り、吸っています。

ということで、息を吐くことに集中していきましょう。

 

「なぜ、緊張しているときに、息を吐くといいのか」なのですが、

吐くことに集中して、雑念が払われるから、ということだそうです。

確かに、スピーチの順番待っている間、メモ紙みながら、ぶつぶつ喋っていると、

「うまくいくかな」「かまないかな」「あがらないでちゃんとできるかな」など

余計なことを考えてしまいますよね。

そんなことを考えないようにするために、

「ただ、息を吐くことに集中する」のです。

 

これは、おススメです!

 

 

What's New

TEL 03-6325-9922

レッスンは、塾での対面、

もしくは、

オンラインで実施中!

御希望に合わせます。

 

遠方のかたもお気軽に受講いただけます。ナレーション、アナウンス基礎、オーディンション対策、通訳者のための滑舌講座など、オンライン実施しています。

詳しくはサイトをご覧ください。

 

講師の山下のりこがユニコーンの新アルバムPVに「山下ユニ子」役で出ています。