共通語のアクセントを習得したい!

ことしのGWは、コロナウィルスの影響で、またまたステイホーム。

旅行だ!帰省だ!と大手をふって出かけられる状況ではありません。実に残念です。

ふるさとの居心地の良さは、子どものころから使い慣れた言葉にあふれている環境に包まれることも要素のひとつかもしれません。

近所の人と交わす挨拶ひとつとってみても、独特のイントネーションが温かい気持ちにしてくれます。

生まれ育った土地の言葉や、今、自分のまわりの友人たちの間で流行っている言葉遣いなどなどは、実にしっくりしますよね。

 

が、ビジネスや、はたまた放送となると、そうはいきません。

理想は、使い分け。

日本語のバイリンガルを目指せると、良いですね!

 

いわゆる「共通語アクセント」と言われるものは、単語ひとつひとつのことです。

よく混同しがちなのが「イントネーション」。

これは、フレーズや文全体のことを言います。

なので、文章全体を共通語で話そうと思えば、まず、単語を共通語にすることからは

始めると早いです。

「効率よく覚える方法ってないんでしょうか。規則的なものとか、、、」

などと、御質問を受けることがありますが、これは、地味に覚えていく方法しかありません。

目で覚えるか、耳で覚えるか。

その方法は、人それぞれです。

ご自分の習得しやすい方法を見つけられると良いですね。

 

------------------------------------------------------------------

「共通語アクセント・トライアルレッスン」開催。

ZOOMを使ったオンライン講座です。

カメラ、マイク、いずれもオンの状態で御参加ください。

 

対象者 / 共通語アクセント習得を必要としている方。

              アクセントの勉強が初めての方。

 

開催日時 / 5月15日㈯ 14時~45分間

 

参加費 / 1000円(お振込みを持って予約完了です)

 

締切 /   5月14日㈮

 

 

参加御希望の方はHPの講座申込みよりお申込みくださいませ。

みなさまの御参加をお待ちしております。

 

 

 

What's New

TEL 03-6325-9922

現在、レッスンは

オンラインでも実施中!

 

遠方のかたもお気軽に受講いただけます。ナレーション、アナウンス基礎、オーディンション対策、通訳者のための滑舌講座など、実施しています。

詳しくはサイトをご覧ください。

 

講師の山下のりこがユニコーンの新アルバムPVに「山下ユニ子」役で出ています。